【閃の軌跡Ⅳ】ピンチモーションまとめ【微リョナ】

閃の軌跡

10月も終わりが近づき、冷え冷えとした寒さを感じるようになりました。職場が熱を出す機械だらけで未だに半袖で過ごしていますが、そろそろ衣替えを考えて良さそうですね!(遅い)。これから厳しい寒さがやってくるでしょうし、皆さんも体調には気をつけてくださいませ。

【閃の軌跡Ⅳ】ピンチモーションを嗜む紳士でありたい

さて、今回紹介するのはブログ読者様からご要望をいただきました「閃の軌跡Ⅳのピンチモーション」となります!。リョナ勢的にはRPGのピンチor瀕死モーションを嗜むのは基本となる行為ではありますが、このブログではあんまり扱ったことがなかったのですよね。

DOAなど格ゲーではやられモーションが凝っているものが多いので注目する方も多くいるのでしょうが、閃の軌跡シリーズ(無印~Ⅳ)も残存HPによってキャラの待機ポーズや表情がしっかりと変わるので、瀕死姿や悶絶表情フェチな方も楽しめる作品だと思いますw

今回はちょっとしたネタバレになりますが、パンツも拝みやすいラスボス戦(ここ重要)を利用して女性キャラ21名のピンチモーションおよび瀕死ポーズを蒐集してみましたのでご紹介致します。一応言っておくと、ネタバレなんて許さんぞ!ってな方はここで引き返すことをおススメしますの。

今回ラスボス戦を選んだ理由は、敵が巨大であるがゆえカメラ調整が容易でパンツが拝みやすい事もさることながら、3チームを交代しつつ戦う仕様のためエリィやエステルなど限定参加のキャラを使えるっていうのが一番大きいです。

補足として、本作は一番近い敵にキャラが自動的に向きを変えるという仕様があるため、ラスボス(ステージ中央に鎮座)だけを相手にしていては表情を拝むことが出来ません。そこで役立つのがAチームで担当するボスが使用してくる「朽ち行く世界の欠片」です。この技は二体の使い魔をランダムで配置する技となっており、キャラの表情を拝むにはこの使い魔を利用することになります。攻撃もアーツ主体なのでHP調整もしやすく、リョナ勢にとっては本当にありがたい存在ですw

ラスボス戦画像

パンツを拝むだけならラスボスだけを相手にしていればHP調整や位置調整も楽ですが、鍛え抜かれたリョナ紳士の中には「苦悶に歪む表情も拝みたいんだ!」という方もいるでしょうしね。なお、今回は一部のキャラで巷で話題になっていたPS4の固有機能「ズーム」も使っておりますので、どうぞお楽しみくださいw(無論パンツ的な意味で)

ピンチモーション、時々パンチラ(21名分)

いつも通り前置きが長くなってしまいスミマセン。それではピンチモーション集の紹介に入りましょうか!。一部のキャラは見栄えやパンチラを良くするためにDLCコスチュームを使用しておりますので、ご容赦ください。もし、他のコスで見てみたいって思ったなら是非ご自分の目で確かめてもらえたら嬉しいです…(戦々恐々)

ユウナ・クロフォード

トップバッターはサムネを飾ったユウナちゃんです!。私の本作最推しキャラといきなりクライマックス感がありますが、ピンチモーションで一番破壊力がありそうと感じたのでトップになってもらいましたw。制服からチアコスまで惜しげもなくパンツを披露してくれる懐の深さ、そしてトンファーの重さに前かがみになるのがTheピンチモーションってな感じでとても気に入ってます(ゲス)

ユウナピンチ画像 ユウナピンチ画像
ユウナピンチ画像 ユウナピンチ画像
ユウナピンチ画像 ユウナピンチ画像
ユウナピンチ画像 ユウナピンチ画像

ミュゼ・イーグレット

二番手はユウナchangと同じくパンチラに定評のあるミュゼちゃんです。制服コスから通常コスまでパンツが拝み易くパンツァーにとっては相変わらず天使のような存在ですねw。乳袋胸元が強調されたコスが多いので、瀕死ポーズで二つの巨峰の存在感がヤバいです(笑)

ミュゼ画像 ミュゼ画像
ミュゼ画像 ミュゼ画像
ミュゼ画像 ミュゼ画像

アルティナ・オライオン

三人目はアルティナちゃんです。前二人と比較すると低身長で長髪のためパンツは拝みにくいですが、瀕死ポーズのガックリ感が堪らなくいとおしいと思います。絶望したように項垂れる魔法少女、その後ろに迫る巨大な魔人…なんとも妄想しがいのあるシチュですな(満面の笑み)

アルティナ画像 アルティナ画像
アルティナ画像 アルティナ画像
アルティナ画像 アルティナ画像

旧Ⅶ組

お次は旧Ⅶ組の面々です!。新Ⅶ組と同じくパンチラを拝み易いキャラが多く、中でもフィーは瀕死ポーズが片膝だけをついた姿勢なのでぐふふ…。戦闘特化のキャラは片膝座りが多いのですが、表情とパンツを同時に拝めるのは実にいいものですね。

アリサ・ラインフォルト
アリサ画像 アリサ画像
アリサ画像 アリサ画像
エマ・ミルスティン
エマ画像 エマ画像
エマ画像 エマ画像
ラウラ・S・アルゼイド
ラウラ画像 ラウラ画像
ラウラ画像 ラウラ画像
フィー・クラウゼル
フィー画像 フィー画像
フィー画像 フィー画像
フィー画像 フィー画像

エリィ&ティオたん

今度はエリィとティオたんの出番です!。エリィさんはこの記事を書く切欠となった読者さんの推しキャラなので、その方からの要望であった通り表情多めとなっておりますw。エリィさんはスカートがタイトなのでパンチラは控えですが、その分はティオたんでパンツ成分を補給しましょう(笑)

エリィ・マクダエル
エリィ画像 エリィ画像
エリィ画像 エリィ画像
エリィ画像 エリィ画像
ティオ・プラトー
ティオ画像 ティオ画像
ティオ画像 ティオ画像
ティオ画像 ティオ画像

エステル&レンちゃん

今度もゲストキャラであるエステルとレンちゃんです。「おかしいぞ?ティータたんがいない…」と思った方は鋭いです。彼女はオーバルギアに搭乗しているため非常にパンチラやピンチモーションが拝みにくいため除外しますた…。

ティータちゃんの戦闘仕様は実に嘆かわしいですが、その分は親友であるレンちゃんに頑張ってもらいましょうw。普段は強キャラオーラを漂わせるレンちゃんですが、本作ではそんな彼女が悶絶する表情もしっかり拝める上にパンチラも同時に楽しめるのは本当に貴重な機会だと思います()

エステル・ブライト
エステル画像 エステル画像
エステル画像 エステル画像
レン・ブライト
レン画像 レン画像
レン画像 レン画像
レン画像 レン画像

協力者たち

お次は協力者たち、もとい保護者の方々の出番ですw。セリーヌ(人型)や分校長のパンチラもさることながら、個人的に推したいのはロゼのピンチモーションです。体重を支えるために杖に縋り付く姿は実にいいですね…!。子孫のエマちゃんより情けない感じが出ていてすこ(*´∀`*)

オーレリア将軍(分校長)
分校長画像 分校長画像
分校長画像 分校長画像
シャロン・クルーガー
シャロン画像 シャロン画像
シャロン画像 シャロン画像
ヴィータ・クロチルダ
ヴィータ画像 ヴィータ画像
ヴィータ画像 ヴィータ画像
アンゼリカパイセン
アン画像 アン画像
アン画像 アン画像
緋のローゼリア
ロゼ画像 ロゼ画像
ロゼ画像 ロゼ画像
セリーヌ
セリーヌ画像 セリーヌ画像
セリーヌ画像 セリーヌ画像
サラ教官
サラ画像 サラ画像
サラ画像 サラ画像

鉄騎隊

ラストは鉄騎隊の皆さんです!。注目なのがポンコツデュバリィちゃん!。他の戦闘特化キャラと同じく瀕死ポーズが片膝座りなのですが、ミニスカなのでパンモロしちゃってます(笑)。デフォコスでも見えるのですが、今回はリボンが拝めるDLCコスのJKコスをチョイスしましたのでどうぞご覧ください!

《剛穀》のアイネス
アイネス画像 アイネス画像
アイネス画像 アイネス画像
《魔弓》のエンネア
エンネア画像 エンネア画像
エンネア画像 エンネア画像
JK☆デュバリィ
デュバリィ画像 デュバリィ画像
デュバリィ画像 デュバリィ画像
デュバリィ画像 デュバリィ画像
デュバリィ画像 デュバリィ画像
終わりですの

以上、「閃の軌跡Ⅳ」のピンチモーションまとめでした!。余談ですが微リョナなのにパンツカテゴリなのは、この記事を見られた方ならわかると思いますが、パンツ成分が多いからです(白目)

次のネタはアズレンCW(大鳳が来たら)かDOAのうさぴょんコスのレビュー、ライザのアトリエあたりを考えておりますが、11月も仕事が立て込みそうなのでちょっと遅くなるかもしれません…。必ず更新はする予定なのでお楽しみに!

画像まとめ

コメント

  1. アバター 匿名 より:

    寝なきゃならんのに
    寝なきゃならんのに
    更新ありがとうございます
    瀕死モーションは盲点でした
    特にデュパリィ
    自分でも試してみます

  2. アバター 至高万歳 より:

    このコメントは管理者だけが見ることができます

    • RPK(fool425) RPK(fool425) より:

      応援ありがとナス!
      瀕死モーションはロマンに溢れておりますよねー

      >ガードブレイク状態の仰け反り
      >観賞システム
      東京ザナドゥみたくアクション鑑賞モードとか欲しいですよねw
      アトリエシリーズも瀕死ポーズやパンツにネタになりそうなので今度記事にできればと思いますー

  3. アバター サバス より:

    管理人様、更新お疲れ様です。
    ロングスカートは防御力が高いですね、せっかく前かがみだというのに。
    そういえば、PS4で画面ズーム機能があることを最近知りました。
    せっかく見えているのに(何が)遠くて小さい!っていう時に便利かもですね